サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

LINEスタンプの作り方

こんばんわ。

今日は会社帰りに同僚と近くの居酒屋で

一杯やってきての帰宅です。

 

さて今日は、LINEスタンプの事を

書きますね!

3種類のLINEオリジナルスタンプを作り

ましたので、今後作られる方のために

制作過程を簡単に解説しまーす。

 

まず、キャラクターを設定ですが、

1つ目は娘が小さい頃に描いた

オリジナルキャラクター「ペンシルくん」を

題材にしました。

f:id:takeboffice:20170621233018j:image


そして2つ目も娘が大学生になってから描いた

イラストの中のクマのキャラクターを

「モモクマ」と名付けて採用しました。


最後の1つは、完全にイチから私がサンマルクカフェでカフェオーレを飲みながら

考えた天使(エンジェル)と蚊(モスキート)が

合体したキャラクター、「ちゅうーた」です。

 

そして、実際の作画ですが色んなやり方があるようですが、私はまず、スケッチブックに

それぞれ40種類のスタンプを考えて、

細字の黒ペンでひたすら手書きで描きました。


(これ結構シンドイっす)

f:id:takeboffice:20170621233303j:image

 

f:id:takeboffice:20170621233400j:image

 

それをiPhoneのカメラアプリ スキャンスタンプ「ScanStamp」で撮影(透過PNGが作れます)

して、パソコンに写真を移動します。

 

次は色を塗ります。フリーのペイントソフト ファイアアルパカ「FireAlpaca」を使いました。


その時に画像サイズを370×320、メイン画像は240×240、トークルームタブ画像は96×74に設定して色塗りをします。

 

f:id:takeboffice:20170621233614j:image

 

出来上がった画像は、スタンパーズというLINEスタンプのシュミレーターサイトが

あるので、ここでどのように表示されるか確認します。

そして頑張って40個仕上がれば、いよいよ審査申請です。

 

申請した後は待つだけですが、私の場合、よくあるリジェクト(不合格)に3つとも

引っかかりました。
原因は画像の透過処理の漏れで、画像は完全に色付け(白色でも白を配色必要)が必須です。

 

そして、ちょうど申請してから3ヶ月目で審査通過して、めでたく承認されました!

 

f:id:takeboffice:20170621233751j:image

手順は簡単ですが、とにかく40パターンのスタンプを考えるのが大変ですね。

でも審査通過して、実際にスタンプとして使えるようになると、なかなか感動モノですよ。

 

たくさんの人に使ってもらえたら嬉しいですね(^-^)/

line.me

line.me

 

line.me

 

但し、なかなか儲かりません。。。

できた最初のころは、友達が結構買って

くれましたので、数千円の利益が

ありましたが、ひとつ売れて44円の

利益なので、そんなに大儲けは

できませんね。

 

でも、初めて会った人とかに名刺代わりに

紹介できるので、会話は盛り上がりますよ!

是非みなさんもお試しくださいね。