サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

入浴の効能

 

今日は、温泉のお話を少々ね!


日本は世界でも有数の温泉大国です。

全国に3万もの温泉があり、

温泉地も3,000カ所を下りません。

中には秋田県玉川温泉のようにガンに効くと

いわれる温泉もあって、

私たち日本人は病気を治すために、あるいは明日への

英気を養うために

昔から温泉巡りを楽しんできました。

 

だからと言うわけではありませんが、温泉の医学研究も

盛んで入浴が体にどんな影響を

与えるかが調べられています。

 

軽度のアルツハイマー認知症の患者さんを対象に

した研究では、一日一回、20分~30分入浴してもらい、

毎秒1.5から2メートルの水流をかけると、

脳波に示されたアルツハイマーの傾向が改善する

という結果が得られています。

 

このことから、ごく軽い認知症では入浴と流水刺激が

良い効果をもたらすことが考えられます。

 

現代人が誤解している入浴法の1つに半身浴があります。

首までお湯につかると、水圧が腹部かかり息苦しくなり、

心臓に戻る血液の量が多くなって心臓に負担が

かかるから半身浴がいいと言うわけですが、水圧は水深と

関係しますから水深が浅ければ水圧もかかりません。

 

入浴は心と体をリラックスさせます。

疲れた体を湯船に沈めたときの心地よさを

私たちは知っています。


入浴で心身の疲れが癒されれば、

明日への活力も生まれます。


そうした活力は体を元気にし、心と体が元気になれば

きっとあなたの免疫力も高くなっているはずです。

 

これからどんどん暑くなっていく、夏の時期は

サッとシャワーだけで済ましがちですが、ココロとカラダを

ゲンキにさせるため、入浴をしたほうがよいですね。

 

 

aisen 半身浴 バスクッション P BH616

aisen 半身浴 バスクッション P BH616

 

 

 

木曽工芸 桧半身浴用風呂椅子 (御影石)

木曽工芸 桧半身浴用風呂椅子 (御影石)