サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

お酒は悪魔の水?それとも百薬の長?

 今日は「悪魔の水にも、百薬の長にもなる」

お酒の話題です。

 

宴席では打ち解けて会話が弾みますが、

悪しき生活習慣として喫煙の次に気に

なるのがお酒です。

 

アルコールはまず知性の脳であり利害打算の

脳でもある大脳新皮質を麻痺させます。

これが麻痺すると古い皮質の脳が顔を

だし、自制から解放されて本能がむき出しに

なります。

 

古代から日本では、酒は祭りや儀式に

欠かせない飲み物でした。

神と人を結びつけ繁栄を願う時の重要な

飲み物だったのです。「さけ」の語源は

「さかえ」が短縮された形とされますが、

酒を神に捧げることで神を快感に導き、

その代償として繁栄を願いました。

 

お酒を飲んで本能が呼びさまされると人は

気力が充実したような気分になり、なんと

なく爽快になるでしょう。

 

気が大きくなって後先を考えずに上司批判が

飛び出たり、女房、亭主の悪口が舌を

すべります。

本人は日頃のうさを晴らして

気分爽快ですが、つきあわされるほうは

たまりません。

 

新皮質が麻痺する程度なら「酒癖が悪い」と

言われるだけですが、さらに飲み続けて

アルコール血中濃度が高くなると、

本能を司る古い皮質や小脳まで麻痺して、

足取りもおぼつかなくなり、道路に

へたりこんで真冬でもそのまま眠り込んで

しまいます。


飲んだ酒は体のすみずみまでいきわたり、

血液の中には飲んだ量に比例する

アルコールが残ります。この血液中の

アルコールを感知して脳が反応します。


かなり酔ったからもう止めようという加減

どころをアルコールの血中濃度から

推測すると、日本酒なら1~2合、

ウィスキーの場合はシングル2~5杯程度。

もちろん人によってこの量は違いますが、

ほろ酔い加減の時、脈拍は早くなり、

手の動きは活発になります。

やたらに人の肩を叩き、スキンシップが

好きな女性は隣の人に触れたがります。

さして、面白くない冗談に大笑いし、

話し出すととどめなく口が動きます。

 

ほろ酔い程度で切り上げ、週に1、2回の

休肝日を作れば酒は精神緊張をやわらげ、

人生に潤いを与え、居酒屋は人情薄い

現代人のオアシス、人生の疲れを一時癒し、

疲れた羽をやすめる止まり木になります。

 

さらに、適量飲酒は、悪玉コレステロール

掃除屋となり、善玉コレステロール

増加させ免疫系を活性化させて、

まさに百薬の長になるのです。

 

世界の名酒事典 2017年版 (講談社 MOOK)

世界の名酒事典 2017年版 (講談社 MOOK)

 

 

 

招福杯 冷酒杯揃え 富士山 青・赤 G635-T72

招福杯 冷酒杯揃え 富士山 青・赤 G635-T72