サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

笑セラピー


今朝の話題は

「医者も取り入れている笑セラピー」

というお話です。


笑は免疫力アップにつながると

医療の分野からも注目を集めています。

笑医力: びっくりするほど健康になる!

笑医力: びっくりするほど健康になる!


怒ったり、人と争ったりするたびに

免疫力は下がります。


笑うことや美しいものを見て

感動すること、感謝することは

免疫力のアップに。


免疫力は心と連動しているのです。
ことに楽しくアッハッハと笑うことで、

私たちが本来持っている自然治癒力

高め、NK細胞も活発化されます。

このことは様々な実験でも明らかに

なっています。


米国のある調査では治療に笑いを

取り入れたがん末期患者は、

笑いの治療しなかった患者に比べ、

生存率が2倍近く高かったと

報告されています。



日本でも「寄席療法」などのを

ガン治療に取り入れる医療が増えて

きました。


落語研究会 上方落語四天王 [DVD]

落語研究会 上方落語四天王 [DVD]



なぜ、笑うと免疫力が

上がるのでしょう?


それは、心から楽しくて笑うと、

脳内から自律神経をリラックスさせる

ホルモンが分泌され、

ストレスホルモンを抑えてくれるからだと

言われます。


大笑いは麻酔と同じくらいの

鎮痛作用があるとも言われています。

おなかを抱えて笑ったとき、

うっすら汗をかいたりしますね。


ハッハッハと笑うことで吐く息が

多くなると、体温が上がります。


横隔膜や呼吸筋がよく動くので、

内臓から老廃物が押し出されます。


笑いには毒出しと内臓のマッサージの

作用があるのです。


気持ちよく歌ったりおしゃべりしたり

するのも同じこと。


でも、なんといっても1番の毒出しは

アッハッハと声に出して大笑いする

ことなのです。


ときには一人でトレーニング

してみるのもオススメです。