サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

夏は、こまめに水分補給を!

毎日熱い日が続きますね。

こんな暑い夏は、

水分補給が欠かせませんね。

 

人体のおよそ60%は水分です。

体重70kgの人なら2リットルのペットボトル21本分にあたります。


人体の水分のうち3分の2は細胞の中に

あります。

残りは細胞外液として血液や

脳脊髄液にあります。

 

細胞内液も細胞外液もイオンを含み、

体の中を巡回して体内のバランスを

一定に保つ役割をしています。

 

体液の大切な役割として、

まずあげられるのが、

体温調整に加えて、酸素と栄養素を

体内の細胞に届け、

老廃物を尿として排泄することです。

 

汗や尿、排泄、呼吸にともなって

失われる水分量は

一日約2.5リットルと言われています。

 

嘔吐や下痢の症状があったり、

スポーツなどで大量の汗を

かけば、さらに多くの水分が体から

抜けていくでしょう。

 

失われていくのは水分だけではありません。

成分に含まれているイオンも失われます。

水分だけを補給したのでは体液が

薄くなってしまいます。

体のバランスを保つためには水と一緒に

イオンの補給も欠かせません。

 

では一日にどれくらいの水分を

とればよいのでしょうか。

2リットルは必要だという説もありますが、

確かな科学的根拠はないようです。

 

ただ、同じ水分でもアルコールは

利尿作用があるので、

飲んだ後に逆に脱水を起こす可能性が

あります。

 

夏の炎天下、ゴルフなどで喉が

渇いたからと生ビールを

飲んで再び午後のラウンドに

出発するパーティを目にすることが

ありますが、これはとても危険です。

 

ビールはアルコール類の中でも特に

利尿作用が強く脱水を

起こしやすいからです。

 

脱水がきっかけで血液が固まりやすく

なって冠動脈に

血栓(血の固まり)ができれば心筋梗塞を、

脳の血管に

血栓ができて血液の流れが悪くなるば

脳梗塞

引き起こしてしまいます。


コーヒーは、カフェインや化学物質が

含まれていることもあるので、

水分を補給する目的なら麦茶か、あるいは

体内の体液組成に近いスポーツドリンクが

良いでしょう。

 

高齢の人は若い人よりも喉の渇きを

感じにくいので、

スポーツをした後は喉が

渇いていなくても水分を

補給するよう務めましょう。

 

ペットボトルの水をいつも持参するのもよし、

今は保温力の優れたお洒落な水筒も、

たくさん売ってるので、いつもお水を保持して、こまめに水分補給を心掛けましょう。