サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

疲れを放っておくと、老いがやってくというお話


はじめは小さなものでも、疲れを放っておくと、

やがては老いに繋がります。

 

老いていくことは男女とも同じですが、

とくに女性は男性と違い、

それはある日突然「ガクン」と

やってくるようです。

江戸時代の儒教学者の貝原益軒さんが

書いた「養生訓」の中に

 

養生訓 (中公文庫)

養生訓 (中公文庫)

 

 

「養生の道は、中を守るべし」と一文があるそうです。

 

簡単に言うと、

「なんでもほどほどにしたほうが良いですよ!」

ということです。

がんばり過ぎると体が悲鳴をあげます。

食べ過ぎれば体が弱ります。

眠りすぎては体が怠けます。

 

何事もほどほどが大切だってことですね。


長い人生の中でがんばらないといけないことも

あるでしょう。

 

でも、体あってのことですから、

いたわりながら、

一歩一歩進んでいけばいいではないですか。

無理は「老い」を引き寄せます。

働き過ぎ、食べ過ぎ、眠りすぎは体に

逆効果になります。

 

ちょっとした体の不調を気にし過ぎるのも

老い」を自ら呼び込んでしまいます。

何事もほどほどを心がけましょうね!