サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

肩掛けのカバンを持つサラリーマンは、仕事が出来ない?

 

世の中は、お盆休みの真ん中って

感じでしょうか

都内は、人が少ない感じがしますね。

 

今日の話題は、サラリーマンのカバンに

ついてです。

 

最近の流行りは、トートバックを肩に掛けて、

普通のサラリーマンも、どこか業界人っぽい

格好で街を歩いてますよね。

 

若いサラリーマンはそれで良いのでしょうが、

40歳後半、50歳のおじさんサラリーマンは、

どうなんでしょうね。

 

外からどのように見られているかです。

 

色んな場面があります。

例えば、取引先へ訪問した際、

管理職という立場での振る舞いで

トートバックを肩から掛けている姿で

訪問されると軽いイメージが強くて、

とても印象が悪いと聞いたことがあります。

 

リュックスタイルなら尚更、カジュアルな

印象を与えてしまって、商談もうまく

運ばないというケースが無きにしも非ずです。

 

 

それと、あるビジネススタイルを

解説している本のアンケートで

読んだのですが、

 

トートバックでなくても

普通のカバンに肩紐をつけて

肩からぶら下げている姿は、

仕事ができない印象を与えてしまうとの

結果があったようです。

 

 

リュックスタイルは両手が使えて、

機能的ですし、

肩紐に掛けていると、片手にスマホ

持ちながら、

傘などの荷物を持つ時も

便利なのですが。。。。

 

やはり、50歳となると内面はもちろんの事、

外見もしっかりと見えた方が良いに

決まっていますよね。

 

 

 

 できれば、底に鋲が打たれていて、

床に置いても倒れないしっかりとした

カバンを手にするのがオススメですね。