サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

6大栄養素をどうとったらいい?

 今日の話題は

「6大栄養素をどうとったらいい?」

という内容です。

6大栄養素が、それぞれどんな植物に

含まれているのか、

摂り方のポイントを調べてみました。

 

世界一やさしい! 栄養素図鑑

世界一やさしい! 栄養素図鑑

 

 

 

必要な量は年齢や仕事量など人によって

違います。

ここではあくまでも標準的な

目安を紹介します。


①炭水化物(糖質)
1日に取るべきエネルギーは、

炭水化物から60パーセント、

タンパク質から15% 、脂質はから15%が

ベスト。

炭水化物は一日に300グラム位を目安に。

砂糖は控えめに。

穀物、イモ、豆などのデンプン質を多く

摂るようにしましょう。

 

②タンパク質
体重1gにつき1.0~1.2グラムが必要。

体重60キロの人なら60グラムは摂りましょう。良質なタンパク質は、

食物からしか摂れない必須アミノ酸から。

肉、魚、卵、牛乳、チーズ、大豆などに

含まれます。

 

③脂質
1日に40~50g必要です。
摂り過ぎると太りますが、少なすぎると、

若々しさを損ないます。

動物性脂肪と植物性脂肪と

魚類の脂肪とを、4対5対1の割合を

目安にして摂るのがベスト。

 

④ビタミン
ビタミン不足のダメージは大きいので、

毎日の食事に加え、健康食品もときには

活用しましょう。

油や水に溶けやすいので新鮮な食材を。

ビタミンB、カロテンを多く含む

緑黄色野菜類は油を使って吸収率アップ。

 

⑤ミネラル
海藻や魚などに豊富に含まれます。

ファーストフードや加工食品の過食は

ミネラル不足に。

とくにナトリウム(食塩)とリンは

摂りすぎに注意。

 

⑥食物繊維
水溶性と不溶性あり。果物と海藻などから摂りましょう。