サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

スーパーカーに乗って街をドライブしたいですね。

今日の話題は、昭和40年代生まれのオヤジが

憧れるスーパーカーについてです。

 

1975年に「少年ジャンプ」で、池沢さとし

漫画「サーキットの狼」の連載が

スタートしました。

これが当時の小学生に爆発的な人気を

集めました。

 

 

サーキットの狼(1)

サーキットの狼(1)

 

 

そして、その勢いはマンガの枠を

飛び超えて、実車にまで及んで、

みんなが夢中でスーパーカー

おっかけました。

 

スーパーカーブームは一気に広がり、

日本各地でスーパーカーショーが開催され、

大人から子供までたくさんの人が

集まりました。

テレビ番組「対決!スーパーカークイズ」も

放送され、大きな社会現象にもなりました。

 

当時、私が住んでいたところは、

田舎でしたので、なかなかスーパーカー

実車を生で見る機会はなかったのですが、

近所にフェラーリ・ディノを駐車している

ガレージをたまたま見つけて、小学校の

帰り道によく観に行きました。

 

f:id:takeboffice:20170901230055j:image

 

私の好きなスーパーカーは、当時、今もですが、「ランボルギーニ シリーズ」でした。

カウンタック」、「ミウラ」、「イオタ」

どれも個性的な魅力に惹かれましたね。

 

カレンダー2018 壁掛 スーパーカーカレンダー(ネコ・パブリッシング)

カレンダー2018 壁掛 スーパーカーカレンダー(ネコ・パブリッシング)

 

 

大人になった今、すごくスーパーカー

運転したくなります。

でも、一台数千万する車を、ミニカーを

大人買いするようなわけにはいきませんよね。

 

乗るべしスーパーカー

乗るべしスーパーカー

 

 

 

そこで、レンタカーとして乗ることができないかと調べていると

  

ランボルギーニなどの高級スーパーカー専用のレンタルショップで

レンタルすることができるようです。

 

ただ、気になるのがやはりレンタルカーの料金なのですが、

 

実際のレンタル価格はレンタルショップに
よってまちまちですが、
例えばランボルギーニガヤルド
レンタル料金でみれば、
高いところだと1日20〜30万円ほど
かかるところもあります。
ただ一方で安いところだと48時間で10万円を
切る値段のところもあるので幅が
広いですね!

なので一概には言えませんが、
だいたいランボルギーニのレンタル料金の
相場は1日10〜20万円ほどと
いったところでしょうか?

確かに一般車よりは値段はしますが
1日だけですが、
数千万円のスーパーカー
オーナーになって乗り回せると
考えたら安いかもしれないですね。
何かの記念日とか自分へのご褒美とかに、
ランボルギーニをレンタルしてみるのも
いいですね。
いやいや、もっと稼いで、
やはりランボルギーニオーナーを
目指しましょうか!