サラリーマンがリッチマンになるブログ

副業(複業)や投資にチャレンジして、会社の制度に頼らない「働き方改革」を自らが実践し、素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

手土産や菓子折りは、TPOが大事です!

休日のんびり過ごす朝です。

今日の話題は、お得意様に訪問する際に持っていく菓子折りについてです。

 

プライベートでお宅訪問やお世話になった方への御礼などでは、流行りのスィーツや有名店の品を持っていくと喜ばれますが、ビジネスの場合は、相手の格や内容などTPOをわきまえないと、せっかく用意した手土産が逆効果になってしまいます。

 

一番、オーソドックスなのは「虎屋の羊羹」を持っていくのが無難とみんなが口を揃えていいますが、受け取る方からすると、あ!定番の「虎屋の羊羹」ね。と思われますね。

 

とらや 小形羊羹10本入

とらや 小形羊羹10本入

 

 

「虎屋の羊羹」自体は上品で美味しくて、品物には問題はないのですが、無難すぎて、みんながチョイスするので、もらい飽きてるのかも知れませんね。

 

 

 

あと、洋菓子系では「ヨックモック」が定番ですね。これも安定です。数が多く入ってるので、人数の多い職場とかには喜ばれますね。

 

 

ヨックモック シガール20本入り

ヨックモック シガール20本入り

 

 

 

接待の場合は、その利用したお店のお土産を選ぶのがいいですね。

家族へのお土産といった感じで、奥様やお子様もお家で召し上がって下さいと渡すと、皆さん喜ばれますね。

お父さんが、接待を受けてお土産まで貰って帰ってきたというのは、家族にもイイ顔できるから好評価ですね。

私が気をつけてるのは、家族と一緒でない単身赴任でいる方へのお土産や菓子折りは、持って帰っても1人で消費に困るのもはやめて、量を考えたものをチョイスします。

 

佃煮系は喜ばれます。オススメは「貝新」の佃煮です。

1人でもお酒のつまみやご飯のおかずにも出来ますし、日持ちもしますから実家に帰られても家族とも楽しめますしね。

 

総本家 貝新 志ぐれ蛤(曲物入)

総本家 貝新 志ぐれ蛤(曲物入)

 

 

 いずれにしても、相手の嗜好や家族構成などをよく察知して、本当に喜ばれるものをお渡しする事です。TPOをしっかり押さえてね!